電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
さまざまなグリス
グリスの種類によって、効果もさまざま
グリスがエアーソフトガン(電動ガン)に与える影響とは?
 電動ガンにおいて、切っても切れない道具であるグリス。グリスはギヤやスライド部分の動きを滑らかにする潤滑剤として、またわずかな隙間からエアー(空気)が漏れ出すのを防ぐ気密剤として、非常に重要な役割を果たしています。
 しかしグリスの種類や塗り方によってどれくらい性能が変わるのかと問われると、答えられない人がほとんどではないでしょうか。中にはグリスによって性能が変わる事を知らない人もいるかもしれません。これはスプリングやバレルといったメジャーパーツに対し、グリスが非常に地味で、効果も分り難いからです。
 そこで、いかにグリスが電動ガンで重要な働きをしているのかを再認識してもらうために、グリスについての各種実験を行ってみました。
実験第一回目:グリスの量による性能比較について
 グリスを塗る量で性能に違いが出るの? と思われるかもしれませんが、実は違いが出るのです。グリスには気密を確保する役割がありますが、グリスの量が多いほど気密は保ちやすく、逆に量が少ないほど空気は漏れやすくなるからです。つまり圧縮空気で弾を飛ばす電動ガンでは、グリスの量で空気の漏れ具合が変わり、それにともなって性能(初速)も変化するというわけです。
 ではグリスが多い場合と少ない場合では、どれくらい気密の確保に違いが出るのでしょうか? そもそも、本当にグリスの量で初速に違いが出るのでしょうか? 今回の実験では、電動ハンドガンのノズル周りに塗布するグリス量を変えることで、初速にどのような影響が出るのか確かめてみたいと思います。
 はたしてグリスの量が少ないと本当に初速は下がるのか、結果は次のページ。
ノズルの気密周り
グリスで気密を確保しているノズル周り
TOP > EXPERIMENTATION > グリス量による性能比較 1/3ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number