電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
電動ハンドガンのノズル周り
定着性の違いでどれくらい性能が変わるか
エアー漏れ問題は解決できるのか?
 これまで二回の実験で、電動ハンドガンのノズル周りのエアー漏れ問題を取り上げながらグリスの説明を続けてきました。気密を確保するためには多めにグリスを塗らなければいけないこと、また定着性の低いグリスを多めに塗ってもすぐに剥がれ落ちてしまうこと、これが前回までの実験でわかったことです。
 それでは定着性の高いグリスを多く塗れば、気密を確保した上に長く使い続けても大丈夫なのか? という疑問が当然出てくると思います。でなければ、電動ハンドガンのエアー漏れ問題は解決しませんからね。
 そこで今回の実験では、電動ハンドガンのエアー漏れ問題を解決できる方法を探るべく、定着性の高いであろうグリスを使って実験を行ってみました。
実験第三回目:グリスの定着性による性能比較について2
 前回の実験から、グリスの定着性が低いとすぐに剥がれ落ちてしまい、気密の確保がうまく出来なくなることがわかりました。すぐに剥がれ落ちてエアー漏れが起こってしまうのでは、多めにグリスをつけても意味がありません。
 そこで今回の実験では、定着性の高いであろうグリスを用いて前回と同じ実験を繰り返し行い、グリスの剥がれ具合(定着性)と初速の変化を再び確かめてみたいと思います。ちなみに今回の実験に用いたグリスは、東京マルイの高粘度特殊グリスです。マルイの純正グリスなら、エアー漏れ問題にも対処できるだろうと考えての選択です。
 はたして東京マルイ純正グリスの定着性はどうなのか? 電動ハンドガンのエアー漏れ問題に対処できるのか? 結果は次のページで。
高粘度特殊グリス
高い定着性が期待できるマルイ純正グリス
TOP > EXPERIMENTATION > グリス定着性による性能比較弐 1/3ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number