電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
空気の流れ
電動ハンドガンは空気漏れの候補が多い
どうすればエア漏れは完治するか
 エア漏れを起こしやすい電動ハンドガンですが、定着性の高いグリスを多めに塗ることでやっと問題を解決することが出来ました。しかしこれは対処療法であって、根本的な問題の解決にはなっていません。いくら定着性が高いといっても、劣化もすれば剥がれ落ちもするのがグリスです。グリスの状態次第で、いつ再びエア漏れが起こるかわかったものではないからです。
 そこでグリスに頼らず、安定した気密の確保は出来ないものかと考え、ある実験を行うことにしました。もっともエア漏れを起こしていると考えられる場所を塞ぎ、物理的にエア漏れを防ぐことで気密の確保を確実にするのです。これが成功すれば、もうエア漏れの心配から開放されることになります。
 果たして実験は成功するのか? どうぞ続きをお楽しみください。
実験第四回目:エア漏れ箇所の特定と改善
 グリスについての実験は小休止し、今回はノズル周りのエア漏れ箇所を特定・改善する実験を行いたいと思います。前回ノズル周りでエア漏れをしていると考えられる六ヶ所の説明をしましたが(上図参照)、その中でも最もエア漏れを起こしていると考えられるのがノズルガイド部分です。ノズルガイド部分のOリングは接地面積が小さく、また漏れた空気が流れ出る隙間も十分にあることから、この場所から主にエア漏れが起こっていると推測できるからです。
 そこで右図のようにノズルガイド部分(茶と紫の部分)を塞ぎ、ここからのエア漏れを完全になくす事とします。この状態で残りのOリング部分に定着性の低いグリスを塗り、発射回数の推移と共に初速が下がらなければ、エア漏れ箇所の特定と改善が成功したことになります。それでは、実験結果は次のページで。
ノズルガイドの封鎖
これでエア漏れが止まれば問題解決
TOP > EXPERIMENTATION > 電動ハンドガンのエア漏れ箇所 1/3ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number