電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク

ノイズの元・モーター・ギア・ピストン
銃から漏れる発射音以外の音
 第一回・二回の実験では、サイレンサーの消音効果について調べてきました。聞く人によりどれだけ消音効果があるかは意見の分かれる所ですが、装着することで音が小さくなるのは間違いありません。銃から出る最も大きな音がこの発射音ですから、銃の音を小さくする為にはまずサイレンサーを装着するのが一番効果的だといえるでしょう。
 しかし電動ガンにおける騒音の発生源は、残念ながら銃口だけに留まりません。というのも、動力となる電動メカそのものが騒音の発生原因になるからです。もちろん銃口から出る発射音に比べるとメカノイズは小さいですが、少しでも銃から出る音を小さくしたいと考えると、このメカノイズも無視は出来ないでしょう。
 そこで今回は、このメカノイズを小さくする方法について調べてみました。
実験第三回目:ピストン打撃音について
 電動ガンから出るメカノイズは、モーター・ギヤ・ピストンの三つの発生源があります。これらの音はいずれも物理的な運動、「衝突」や「摩擦」・「振動」・「回転」に伴って生まれる音ですから、それぞれの運動に対して対策を施すことで消音化を行うことが出来ます。その中で、今回は「衝突」について対策を施してみましょう。
 具体的に何の音を小さくするのかというと、ピストンの打撃(衝突)音です。打撃音はピストンと緩衝材がぶつかる時に発生する音なので、緩衝材をより消音効果の高い素材に交換することで音を(衝撃も)小さく出来るはずです。
 そこで今回は、用意した九種類の緩衝材とノーマル状態の打撃音を比較し、もっとも音が小さくなるのはどの素材か確かめてみたいと思います。
(発射音が邪魔にならないよう、サイレンサーをつけて実験を行っています)

緩衝材を交換することで消音化
TOP > EXPERIMENTATION > シリンダーヘッドの緩衝材 性能比較 1/8ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number