電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
電動ガン用バッテリーと配線
配線を交換するなら、ぜひFETも
バッテリーと配線を変えた次は……
 バッテリーと配線を交換することで、電動ガンの連射速度は大きく変わることがこれまでの実験から実証されました。ハイサイクル用のカスタムギアが発売されておらず、また初速の低さからセクターギアのカットも出来ない電動ハンドガン・コンパクトマシンガンにとっては、バッテリーと配線の交換は安全かつ効果の高いハイサイクルカスタム方法といえるのではないでしょうか。
 では電源関係でこれ以上連射速度を向上させるカスタムはないのかというと、実はもう一つ残されている方法があります。それはFETと呼ばれる装置の搭載です。FETは半導体で電流を制御するため、接点スイッチと比べ電気ロス(抵抗)が小さく、より効率よく電気をモーターへ送ることが出来るようになるのです。
 では実際にFETで連射速度は変わるのか、実験で調べてみたいと思います。
実験第三回目:FET搭載による性能比較について
 そもそもFETとは何者かというと、「Field Effect Transistor」の略で、日本語にすると「電界効果トランジスタ」となります。明瞭・簡潔・大雑把に説明させていただきますと、「電気を流したり止めたりする半導体スイッチ」ということになります。
 ではこの半導体スイッチで何が変わるのかというと、ノーマルの接点スイッチと比べ抵抗(接触抵抗)が少なく、モーターの回転を高める効果が期待できます。また物理的な接触の繰り返しがなく、酸化やスパークによる焼損にさらされる危険もないため、メンテナンスフリーを実現することができます(バッテリーと配線を交換するとスイッチの損傷が激しくなるため、FET交換は必須と言えます)。
 今回の実験では特にモーターの回転(連射速度)に注目し、本当にスイッチをFETに交換するだけで連射速度は向上するのか、調べてみたいと思います。
電動ハンドガンとFET
FETは小指の爪ほどの小さなパーツ
TOP > EXPERIMENTATION > FET交換による電動ガンの性能比較 1/6ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number