電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング
電拳カスタム 電動方式とエアコキ方式のピストンの動きの違い 電拳カスタム 電動ハンドガンのスイッチが切れるタイミング 電拳カスタム 電動ハンドガンのピストン停止位置
1.ロックタイムの短縮
 電動ハンドガンは発砲までに、「ピストン後退→前進→発射」という三段階を踏むため、トリガーを引いてもすぐに弾は発射されません。
 わずかな時間差(タイムラグ)ですが、ガスやエアーコッキング方式の(トリガーを引くとすぐ発射できる)ハンドガンに慣れていると、このわずかな時間差にも違和感を感じてしまいます。
 そこでトリガーを引いてから発射までに掛かる時間差(ロックタイム)を減らすことで、電動ハンドガンでもタイムラグ無しで撃てるようにする方法について説明したいと思います。
2.ピストンを後退位置で止める
 ガス方式やエアーコッキング方式が、トリガーを引いた瞬間に弾を発射できるのは、最初から弾を撃ち出す準備が整っているためです。
 そこで電動ハンドガンも、エアコキ方式と同じようにピストンを後退した状態で止め、トリガーを引くとすぐ弾を発射できるようにします。
 作業内容は、カットオフバーのギアと接する面(上写真印)を削るだけ。これで(スイッチの切れるタイミングが遅れるため)ピストンが後退した位置で止まるようになり、トリガーを引けばすぐに「ピストン前進→発射」となります。
3.カットオフバーを削る量
 カットオフバーを削る量は固体によって異なるので、少し削っては銃を組み立てて発砲し、ピストンの停止位置を確認してください。
 まだ後退する余地があれば再び削り、後退する余地が少なくなったら作業は完了です。
 ただし、ピストンはいつも同じ位置に停止する訳ではなく、微妙に前後して止まります。
 このためギリギリまで後退させてしまうと、停止位置がズレた時にオーバーラン(バースト)になってしまうので、ピストンは後ろに下げ過ぎず、十分な余裕を残して停止させてください。
TOP > CUSTOMIZE > 電拳カスタム・ハンドガン編 ロックタイム短縮 1/5ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number