電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
1.材料の用意
 前回は放電用のアダプターを作る方法を説明しましたが、作るのに結構手間がかかります。そこで今回は、純正充電器を利用してより簡単に放電用アダプターを作る方法を説明します。
 用意する材料は、模型店で手に入る7.2V用コネクターのみ。200円くらいで手に入るでしょう。あと工作道具としてニッパーとラジオペンチ、それにカッターを用意してください。工作自体は非常に簡単で、しかも放電器だけでなく市販の充電器も使えるようになるという優れものです。
 ただし注意があります。失敗するとバッテリーや充電器から出火する恐れのある、非常に危険な工作です。自信のない方、バッテリーや充電器を壊したくない方は行わないでください。
2.ニッパーで充電器の配線を切断
 それでは作り方の説明ですが、まずは充電器の配線に注目してください。充電器の配線は、細い二本の線がくっついて一本の線になっています。この二本の線のうち、一本だけ(できるだけコネクターの近く)をニッパーを使って切断します。必ず一本だけを切断してください、二本とも切断することのないように。
 なぜ一本だけかというと、この線にはそれぞれプラスとマイナスの電流が流れています。一度に二本の配線を切断すると、どちらがプラスでマイナスかわからなくなってしまうからです。
 切断にはニッパーか、ペンチの切断用の刃を利用しましょう。はさみやカッターだと、刃が欠ける危険性があります。
3.コネクター金具を接続
 配線を切断したら、その線の先の皮膜を5mmほどカッターを使って剥がしてください。このとき強く刃を食い込ませると中の銅線まで切断してしまうので、外側の皮膜だけを切断するようゆっくりと慎重に作業してください。
 皮膜を剥がしたら、次にコネクター金具を取り付けます。取り付けは非常に簡単。皮膜を剥がした配線の先に金具を付け、後はラジオペンチで圧着させるだけ。この時に注意するのは、金具のオスとメスを間違えないこと。上写真では充電器本体から延びている配線(下側)を拡大していますが、ここにはメスの金具が付きます(拡大写真参照)。逆にコネクターから延びている上側の配線にはオスの金具が付きます。
TOP > HANDICRAFT > 充放電器1/3ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number