電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
マイクロバッテリーEXを利用したリポアダプター リポアダプター自作材料 マイクロバッテリーEXを破きます
1.リポアダプターを自作しよう!
 電動コンパクトマシンガンのトリガーレスポンスや連射速度を上げるため、リポバッテリーを搭載しようと考えている人は多いと思います。
 ですがコンパクトマシンガンのバッテリー端子は独自形状のため、そのままでは純正バッテリー以外のバッテリーを搭載することが出来ませんし、トリガートークから発売されているリポ変換アダプターは高価なうえ、大きなサイズのリポバッテリーも搭載することが出来ません。
 そこで今回は、純正バッテリーを利用したリポ変換アダプター(コンパクトマシンガン用)の自作方法について紹介したいと思います。
2.用意する道具・材料
 それでは自作に必要な道具と材料について説明しますと、取り付けしたいコネクター(配線付き)とマイクロバッテリーEX本体、その二つをくっつけるのに使うはんだこて・はんだ線・フラックス、はんだ付けの場所をふさぐのに使う厚みのある両面テープ、後はハサミやニッパーなどのごく一般的な工具です。
 リポにつなぐコネクターは14cm以上の配線付きで、できれば導電性能の高いシルバーコード、取り回しのしやすいシリコン皮膜がお勧めです。条件に合う配線としては、OPTION No.1のBECコネクターコードが入手しやすいです。
3.まずは皮膜を破る
 それでは実際の作業に取り掛かりましょう。まずはマイクロバッテリーEXの皮膜を破いて、バッテリー接続端子を取り出します。
 このバッテリー皮膜を破く作業ですが、必ずバッテリーのお尻部分の皮膜をハサミやカッターで少しだけ破き、その後は手で引っ張って破くようにして下さい。
 というのも、バッテリー端子に直接ハサミやカッターを入れると、バッテリーがショートして火花が飛ぶ危険性が大きいからです。
 バッテリーを分解する作業は非常に危険なので、慎重に作業を進めるようにしましょう。
TOP > HANDICRAFT > コン電用リポアダプター自作 1/4ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number