電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク

各メーカーの0.2g弾を集めてみました
BB弾の選択によって変わる銃の性能
 弾を発射する道具であるエアーソフトガンでは、弾選びも性能を維持する上で非常に重要となります。せっかく銃をカスタムし、万全に整備をしていても、発射される弾に不備があってはせっかくの性能を発揮できませんからね。
 精度の高い射撃を楽しむためには、やはり精度の高い弾を使わなくてはなりません。しかしたくさんのメーカーから発売されている弾はどれも同じに見え、どう違うのかよくわかりませんよね。そこで電拳では、各メーカーから発売されている弾を集め、メーカーや種類によってどのような違いがあるのか調べてみました。
 はたして弾にはどのような違いがあるのでしょうか? またその違いはどのような影響として現れるのでしょうか? 各弾の紹介は次のページから!
弾の違いについて説明する前に
 各メーカーの弾について紹介を始める前に、どのように弾を調べたのかについてまず説明しておきましょう。
 今回は調べた弾について、表を作成しました。項目順に説明しますと、「最大径」は弾の最大直径、「最小径」は弾の最小直径、最大径から最小径を引いたのがその弾の「誤差」です。この誤差が弾の歪み・真球度を表しており、1%(0.06mm)以上の歪みがあると精度の悪い弾と言えるでしょう。これを各弾20発ずつ調べています。この20発調べた弾の中でもっとも直径の大きなものと小さなもの、そしてその差を「最大差」で表示しています。最大差が大きいほど弾の大きさにバラつきがあり、HOPのかかり具合に違いが出ることになります(中〜遠距離での集弾性悪化に繋がります)。
 「重量」は弾の重量。「01バレル」は、その弾が01バレルを通れば「○」、詰まれば「×」です。「気泡」では、気泡のない優良弾が「○」、気泡のある不良弾は「×」です。気泡があると、集弾性に影響を及ぼす可能性が高くなります。
 最後は「ノーマル」バレル、「TNバレル」、「01バレル」それぞれで計った初速。ただしノーマルは182mm、TNは200mm、01は242mmと長さが違うので、当然初速も大きく違っていますのでご注意ください。あと、遠距離でのHOPのかかり具合について、弾道という言葉で説明しています。「弾道が不安定」という場合は、遠距離で弾が散りやすいという意味です。
TOP > MAINTENANCE > 弾の違い 1/15ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number