電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
電動ハンドガン グロック18C(電ハンG18C)の分解1、分解作業開始 電動ハンドガン グロック18C(電ハンG18C)の分解2、分解作業の準備 電動ハンドガン グロック18C(電ハンG18C)の分解3、コードカバーの分解・組み立て
1.電動ハンドガン・G18Cの分解
 電拳では、皆さんが自分で愛銃の整備・カスタムが出来るよう、各電動ハンドガンの分解・組み立て方法について説明を行っています。
 今回紹介するのは、電動ハンドガン・グロック18C(電ハン・G18C)の分解方法についてです。電動ガンの分解が初めての人でも分かりやすいように説明していますので、整備やカスタムを自分でやってみたいという人は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。
 なお、この分解方法の説明のみ、上部の写真をクリックしていただくと拡大表示されるようになっています。写真が小さくて説明が分かり難いときは、拡大表示をご利用ください。
2.分解作業の準備
 それでは実際の作業方法について、説明を開始しましょう。まずは分解を行うための準備として、スライド、バッテリー、マガジンの取り外しを行いましょう。
 HOP調整は、最弱に緩めるのを忘れないでください。電動ハンドガンでは、銃の分解にHOPの強弱は関係ありませんが、他の電動ガンやガスガンではHOPが強く掛かっていると、チャンバーからバレルが抜けないことがあります。
 ですので銃を分解する時には、HOPを弱めておく癖をつけておくと良いですよ。あと区分けされた小物ケースなどがあると、小さな部品やネジの管理が楽になるでしょう。
3.コードカバーの分解・組み立て
 スライドを外したら、で囲った場所のネジを外してコードカバーを取り外します。前部のネジは長いネジが一箇所、後部は短いネジが裏表の二箇所に使われています。
 ネジ類は紛失の危険と共に、間違った場所に挿してしまう危険もあります。どのネジをどの場所に使うのか、しっかり管理しておきましょう。
 コードカバーは、後部から引き上げるようにして外します。組み立ての際には、前部から配線の付け根に差し込むように入れます。このコードカバーを取り付ける際は、配線を挟まないように気をつけましょう(カバーが上手く閉まらないときは、配線を挟んでいる可能性が高いです)。
TOP > DISMANTLING > 電動ハンドガン・G18Cの分解 1/4ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number