電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
コン電Mac10の分解・組み立て、分解開始 コン電Mac10の分解・組み立て、分解の準備 コン電Mac10の分解・組み立て、アッパーレシーバーの取り外し
1.コンパクトマシンガン・Mac10の分解
 電拳では、皆さんが愛銃の整備・カスタムを出来るよう、各コンパクトマシンガンの分解・組み立て方法について説明を行っています。
 今回紹介するのは、電動コンパクトマシンガン Mac10(マック10)の分解方法についてです。電動ガンの分解が初めての人でも分かりやすいように説明していますので、整備やカスタムを自分でやってみたいという人は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。
 なお、この分解方法の説明のみ、上部の写真をクリックしていただくと拡大表示されるようになっています。写真が小さくて説明が分かり難いときは、拡大表示をご利用ください。
2.分解作業の準備
 電動コンパクトマシンガンは、いずれもバレルやメカボックスの取り出しがすぐ出来るようになっていて、分解作業はとても簡単です。
 その中でもMac10は、特に分解作業が楽になっているので、初心者の人にも迷わず作業が出来るでしょう。
 それでは分解作業の準備として、マガジン・バッテリー・ストックを取り外しましょう。ストックは、ストックロックボタンを押しながら引っ張り続けることで、取り外すことが出来ます。
 次にセレクターはセミに、HOPダイヤルは最弱に合わせておきましょう。
3.アッパーレシーバーの取り外し
 まずはアッパーレシーバーを取り外すため、印のトリガーピンと、印のレシーバーピンの二本を抜き出します。
 まず
印の六角ネジを、1.5mmの六角レンチで外します(写真左下参照)。すると反対側から、トリガーピンが抜けるようになります。トリガーピンは断面がD型なので、組み立て時は平らな面を銃口側に向けて挿入してください。
 
印のレシーバーピンは、すぐ下にある印の小さなレバーを後ろに引き続けると、押し出すことが出来るようになります。
 この二本のピンが抜けたら、アッパーレシーバーを上に外すことが出来るようになります。
TOP > DISMANTLING > 電動コンパクトマシンガン・Mac10の分解 1/4ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number