電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
コン電メカボックスの組立て、説明開始 コン電メカボックスの組立て、モーターの取り付け コン電メカボックスの組立て、タペットプレートの取り付け
1.コン電用メカボックスの組み立て
 電拳では、皆さんが愛銃の整備・カスタムを出来るよう、メカボックスの分解・組み立て方法について説明を行っています。
 今回紹介するのは、電動コンパクトマシンガン用メカボックスの組み立て方法について。
 メカボックスの分解・組み立てが出来れば、カスタムも思うままに出来るようになるので、銃のカスタムを考えている人は、ぜひメカボックスの分解にチャレンジして欲しいと思います。
 なお、この組み立て方法の説明のみ、上部の写真をクリックしていただくと拡大表示されるようになっています。写真が小さくて説明が分かり難いときは、拡大表示をご利用ください。
2.モーターの取り付け
 それでは、メカボックスの組み立て方法について説明を始めましょう。まず最初に説明するのは、モーターの取り付けについてです。
 モーターは普通取り外す必要はありませんが、モーターやメカボックスの交換時には、取り外し・取り付け作業が必要になります。
 モーターの取り付けはモーターマウントにセットするだけですが、この際に前部の板バネ(花弁状の金属板)の裏表を間違えないこと、後部に取り付けるカバーの細い金属棒はモータの穴に差し込むこと、カバーの下にはモーター位置調整用の金具を忘れず入れること、この三点にだけ注意してください(写真参照)。
3.タペットプレートの取り付け
 モーターを取り付けたら、いよいよ本格的な組み立ての開始です。まず最初は、タペットプレートの取り付けからです。
 タペットプレートにはスプリングが付属していますが、スプリングはすぐに溝にはめ込まないでください。上写真のように溝の上に斜めにセットし、その上からタペットプレートを載せて下さい。この状態でタペットプレートを左側にスライドさせてゆくと、スプリングとタペットプレートがメカボックスの溝に綺麗にはまり込みます。
 スプリングを先に溝にはめ込むと、タペットプレートが入れられなくなるので、この方法で一緒に溝に入れてください。
TOP > DISMANTLING > 電動コンパクトマシンガン メカボックスの組み立て 1/4ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number