電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
さまざまな長さのバレル
バレルの長さが違うと初速も違ってくる
バレル長と初速の微妙な関係
 初速の低い電動ハンドガン・コンパクトマシンガン。少しでも初速を上げようとするなら、カスタム(細径)バレルへの交換が効果的な方法だということが、第一回目の実験からわかっていただけたかと思います。しかし性能を下げることなく初速を上げる方法が、実は他にもあります。それはロング(延長)バレル化です。
 バレルの中で弾を加速させ発射するエアーソフトガン。バレルが長ければそれだけ加速距離が長くなり、初速も高くなるというわけです。しかしバレルは長ければ長いほど良いかというと、そうではありません。バレルが長すぎると逆に初速の低下を招くという問題があり、その長さには限界があるからです。
 ではどれくらいのバレル長が初速を上げるのに最適なのか? 今回の実験では、バレルの長さと初速の関係について調べてみたいと思います。
実験第二回目:バレル長とシリンダー容量による初速比較について
 バレルが長くなると初速は上がりますが、逆に長すぎると初速は下がってしまいます。どうしてそんなことになるのか? 理由はシリンダー容量にあります。
 バレルを通る間に弾を加速させるエアーソフトガンでは、バレルが長いほど加速(初速)を高めることが出来ます。ただし弾を加速させる圧縮空気には限りがあるので、バレルが長すぎると空気不足となり、弾の加速にブレーキをかけてしまうのです。つまり「圧縮空気量=シリンダー容量」によって利用できるバレルの長さは決まり、その長さを超えてしまうと初速は下がってしまうという訳です。
 では加速シリンダーとフルシリンダーで、初速を最高にするバレルの長さはどれくらいなのか? それを調べるため10〜18cmまでのバレルを5本用意し、実際に初速を計ってみました。はたしてバレルの長さで初速はどう変わるでしょう?
加速シリンダー
スリットのある・なしで最適バレル長も違う
TOP > EXPERIMENTATION > バレルの長さとシリンダー容量による初速比較 1/4ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number