電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング
電拳カスタム 電動ハンドガンのノズルを塞ぐための図面 電拳カスタム 電動ハンドガンのノズル内の空気漏れを防ぐパーツをゴムで作成する 電拳カスタム 電動ハンドガンのノズル内での空気の流れをスムーズにする整流パーツ作成
4.ノズルガイド部分を塞ぐ加工
 それではここから、作業の説明に入ります。まずは、上図をご覧ください。ノズルガイドが貫通していたノズルの中央部分を、茶色と紫のパーツで塞いでいるのが分かりますか?
 最初にこの茶色と紫のパーツを作ることで、ノズル中央からの空気漏れをなくします。また紫パーツでノズルスプリングのかさ上げを行なうことで、ノズルとHOPパッキンの密着性を高め、パッキンからの空気漏れも防ぎます。
 なお、以前行なった空気漏れの実験では他の箇所からの空気漏れが多く、高い効果は得られませんでしたが、今回は他の箇所も同時に気密性を高めることで、高い効果が期待できるカスタムとなっています。
5.紫パーツの作成(G18CとM93R)
 それではパーツの作成ですが、機種によってノズルの構造が異なるため、まずはG18CとM93Rのパーツ作成から説明します。
 まず紫パーツの作り方ですが、6mmと4mmのゴムひもを2mm厚の輪切りにし、瞬間接着剤でくっつけて作成します。
 ゴムひもは、はさみで切ると斜めになりやすいので、カッターで真上から切ります。カッターを使う際は、机を傷つけないようカッターマットや厚くした新聞紙の上で作業を行いましょう。
 また二つのゴムを中心でくっつけることが難しい場合は、あらかじめ細い針で二つのゴムが中心で重なるように刺し、それからゴムとゴムの間に瞬間接着剤を流し込むとよいです。
6.茶色パーツの作成(G18CとM93R)
 次に茶色のパーツは、クリーニングロッドの先端部分を切り取って流用します。
 まずクリーニングロッド先端の三角部分を、余裕をみて少し長めにニッパーを使って切り取ります(上図赤線)。
 切断面が荒れるため、ギリギリに切ると長さが足りなくなるので注意して下さい。
 切り取った後は、ヤスリで形を整えるだけ。三角部分は空気の流れが良くなるよう、丸棒ヤスリで弓なりに丸く削るのが理想です。
 また後ろの丸い部分を削って、45度のテーパーを1mmほど作っておくと、ノズルへの収まりが良くなります(上図斜黄線)。
TOP > CUSTOMIZE > 電拳カスタム・ハンドガン編 気密性のアップ 2/12ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number