電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング
電拳カスタム 電動ハンドガンの空気漏れ箇所 電拳カスタム 電動ハンドガンのグリスアップを行なう際の注意点 電拳カスタム 電動ハンドガンの気密性を高めるための材料
1.気密性のアップで初速を向上
 電動ハンドガンは、シリンダーヘッドの中をノズルが、その中をさらにノズルガイドが貫通するという、三重構造となっています。
 この複雑な構造のため、電動ハンドガンはノズル周りで空気漏れが発生しやすく、初速が上がらない原因となっています。また電動ハンドガンの短いHOPパッキンも、空気が漏れやすくて初速が上がらない原因となります。
 そこで電拳カスタムの第一回目は、この空気漏れを防ぐことで、初速を高める方法について説明したいと思います。
 せっかくカスタムを行なっても、空気が漏れていては初速は上がりませんので、まずはしっかりと気密を確保できるようにしましょう。
2.カスタムを始める前に
 今回のカスタムを始める前に、必ず行なってほしいことがあります。それは、メカボックスのグリスアップです。
 電ハンのノズル周り(Oリング)は、高粘度グリスでないと空気が漏れます。ところが電動ガンでは、Oリングにシリコングリスを使うことが一般的なので、電ハンのノズルにもシリコングリスを使い初速を落としてしまう人が多くいます。
 もしノズル周りにシリコングリスを使っている人は、電拳の説明の通り高粘度グリスを使ってみてください。これで初速が2〜5m/s上がれば、今まで空気が漏れていたことになります。
 電動ガンに詳しい人ほど陥りやすい罠なので、皆さんもぜひ確認してみてください。
3.用意する部材・加工道具
 グリスアップが出来たら、いよいよ気密性アップのカスタム開始です。
 用意する材料は、ホームセンターの水道コーナーにあるシールテープとゴムパッキン。パッキンは12x8と11x7の二種類が必要です。
 次にゴムコーナーにあるゴムひもを、G18CとM93Rは4mm6mmの二種類、USP・M9A1・Hi CAPA等は5mmの1種類のみ用意します。
 最後に、電ハンのパッケージに付属しているクリーニングロッドも用意してください。
 加工道具には、はさみ・カッター・精密ヤスリ・ニッパー・金ノコ・接着剤などを使用しますが、いずれも百均でそろえることが可能です。
TOP > CUSTOMIZE > 電拳カスタム・ハンドガン編 気密性のアップ 1/12ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number