電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
マルイ グロック用HERA-ARMSコンバージョンキット   マルイ グロック用HERA-ARMSコンバージョンキットのバリ取り
1.コンバージョンキットの組み立て
 ガスブローバックのグロックには、いくつかのコンバージョンキットが販売されています。
 今回はその中から、HERA-ARMSモデルのコンバージョンキットに、電ハン・G18Cを組み込む方法について説明したいと思います。
 もともとガスブロ用のコンバージョンキットなので、そのままでは電動ハンドガンを組み込むことは出来ませんが、幸い簡単な加工とパーツの入れ替えで電ハンを搭載することが出来るようになっています。電動グロックをカービンに作り変えたい方は、ぜひ今回の説明を読んで加工に挑戦してみて下さい。
  2.用意する道具・素材
 今回のコンバージョンキット組み立てで必ず必要になるのが、M3ネジとM3ナットです。
 コンバージョンキットに銃を固定させるには、トリガー部分とアンダーマウント部分にネジ(シャフト)を差し込むのですが、キットに付属する固定ネジでは径が太すぎて(4mm)、電ハンには差し込むことが出来ません。
 そこで径が一回り小さいM3ネジとM3ナットを用意して、付属ネジの代わりに使いますので、必ずこの二点は事前に用意しておきましょう(電拳ではヨコモのZC-BH335と、HIROBOの2505-002を使用しています)。
3.バリの研磨
 それでは実際の作業についてですが、まずは中華製品特有のバリを取り除きましょう。
 特に気をつけて欲しいのが、外周部分よりキット内部のバリです。グロックを組み込んだときスライドを傷つけるので、上写真にあるネジ穴などの大きな突起はカッターで、指先にザラザラ感じる押し出し跡などは800番くらいの紙ヤスリで、平らに削りましょう。飛び出したネジはフレームに食い込むため、一度ネジを抜いて金属ヤスリで先端を削ってください。
 内部を削る際は、シャフト(写真右側の棒)を前もって抜いておくと作業が楽ですよ。
TOP > HANDICRAFT > グロック用コンバージョンキットに電ハンG18Cを組み込み 1/11ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number