電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
グロック用HERA-ARMSコンバージョンキットに電ハン・グロックを組み込む グロック用HERA-ARMSコンバージョンキットに電ハン・グロックのレールを収める グロック用HERA-ARMSコンバージョンキットに電ハンg18Cを組み込む位置調整
4.グロック本体の組み込み
 キットの内部を研磨したら、次はグロック本体を組み込みます。組み込み作業の前に、上写真ののネジを外しておきましょう(は、前のページで外したシャフトになります)。
 は3mmの六角レンチで、は2mmの六角レンチでネジを外すことができます。
 ネジを外したら、いよいよグロック本体の組み込みです。銃は銃口先端側からではなく、上写真のようにスライド後部から入れます。
 このときセレクターがキットに引っかからないよう、上手く隙間に通して入れてください。無理に押し込まなくても、楽に入りますので。
5.アンダーマウントを合わせる
 グロックのスライド後部がキットに入ったら、そのまま銃を後ろに引いてください。これでスライド全体が、キットの中に入ります。
 次にグロックを前進させることで、キットの中の正しい位置にセットし直します。このとき、キット内部にある二つの突起(写真左上の)が、グロックのアンダーマウントレール(右上の)に収まるように前進させてください。
 なお上写真のに、突起があるのが分かりますか? この突起は不具合で、削り取らないと銃が傷付きます。中華製品ではこうした不具合がよくあるので、注意しましょう。
6.グロックの位置調整
 上写真はグロックをコンバージョンキットにセットしたところですが、拡大写真の中央に注目して下さい。トリガーシャフトの位置が、固定用穴の右下にズレていますよね?
 これはグロック本体がつっかえて、キットの奥までしっかり入っていないからです。どこでつっかえているのかというと、まずアンダーマウント(拡大写真左)、次にスライドストップ(拡大写真右)、それにキット内部のコッキング用フックの三箇所が考えられます。
 個体によってつっかえる場所に違いがあるので、一応すべての対処法を説明します。
TOP > HANDICRAFT > グロック用コンバージョンキットに電ハンG18Cを組み込み 2/11ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number