電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
電動ハンドガンにBECコードを仮止めして、コードの長さを決める BECコードをに、R端子(圧着端子)を取り付ける 電動ハンドガンに、BECコードをネジ止めする
4.配線の長さを決める
 コネクターBのみをトリガーユニットに取り付けたら、そのまま銃を組み立ててください。
 次はBECコネクターを銃に仮付けして、配線の長さを決めます。まずリポバッテリーを搭載し、コネクター位置を(つながず並べた状態で)決めます(写真の右下枠)。
 そのまま赤コードを、配線取り付けネジの場所まで引っ張ります(写真の左下枠)。
 あとは上写真の部分で配線をカットしますが、配線の長さに余裕がないとコネクターの取り付け・取り外しが難しくなるので、1cmほど長めにカットすることをお勧めします。
5.R端子(圧着端子)の取り付け
 配線の長さが決まったら、先端の皮膜を剥がしてR端子を圧着します。このとき、R端子の取り付け向きに注意して下さい。
 まず配線は端子の丸側から、また配線が端子の後ろに隠れるよう取り付けます。これは次に説明する写真を見ていただければ、なぜこのような取り付けになるか理解できるでしょう。
 また端子の圧着には、必ず圧着ペンチを使用してください。通常のペンチでは圧力が足りず、配線が抜けてショートする危険があります。圧着ペンチは、ホームセンターで千円前後で購入可能です。
6.R端子の取り付け
 R端子を圧着したら、銃本体への取り付けです。まず配線が下、R端子が上になるようネジ部分にセットします。その上から電ハンの配線タブを被せ、一緒にネジ止めします。
 このときR端子が下で配線が上になるようセットすると、電ハンの配線タブと合わせることが出来なくなるので、必ず配線が下・R端子が上になるようセットしてください。
 またR端子や配線タブが周りの金属パーツと接触すると、漏電・ショートから発火に至る危険があるため、絶対金属パーツと接触しないようにしてください(プラスチックパーツはOK)
TOP > HANDICRAFT > 電ハン用リポ接続配線の作り方 2/4ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number