電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
東京マルイ 電動ハンドガンG18Cの黒箱と銀箱
古い黒箱は、初期型と思って間違いないです
電動ハンドガン・G18Cの初期型を、現行型へ改修する方法
 電動ハンドガンのグロック18C(以下G18C)は、発売当初のモデルから現在発売されているモデルまでの間に、いくつかのパーツ改修が行なわれています。
 これらの改修によって、初速の向上と動作の安定化が図られているのですが、実は初期型G18Cでもパーツの交換で現行型と同じ性能にすることが可能です。
 そこで今回は、改修パーツの紹介と交換方法について説明したいと思います。
 まずは、改修されたパーツのリストを紹介しましょう。(価格はすべて税別)
 
  G18-15A アウターバレル    400円
  G18-26A トリガーユニット左   400円
  G18-27A トリガーユニット右   400円
  G18-50A フレームロック     400円
  G18-56A ノズル          200円
  G18-57A ノズルスプリング    100円
  G18-70A トリガーバーピン    50円
  G18-28 トリガーバー       500円
  メカBOXパーツ シリンダーヘッド 350円
  メカBOXパーツ セクターギア   700円
  メカBOXパーツ ノズルバー     200円
  メカBOXパーツ ノズルカム     250円
 
 型番の最後に付いている「A」が、改修されたパーツの目印となります(メカBOXパーツ除く)。これらのパーツがどのように改修されているのか、また取り付け方法に変更はあるのかなど、各パーツについて紹介していきたいと思います。
東京マルイ 電動ハンドガンG18Cの改修Aパーツ一覧
主にAの付く改修パーツ。70Aは新パーツ。
TOP > MAINTENANCE > G18C 改修パーツの紹介 1/7ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number