電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
電動ハンドガン・コンパクトマシンガンのグリスアップ1 電動ハンドガン・コンパクトマシンガンのグリスアップ2 電動ハンドガン・コンパクトマシンガンのグリスアップ3
1.グリスアップについて
 グリスアップとは、古く汚れたグリスを新しいグリスに塗り直すことで、気密をアップさせて初速を高めたり、潤滑性をアップさせて連射速度を速めたり、摩擦抵抗を抑えてパーツを長持ちさせたりする整備のことを言います。
 電動メカで動く電動ガンにとって、グリスは欠かせない潤滑剤であり、シーリング剤でもありますが、銃を使えば使うほどグリスは汚れて劣化してしまいます(銃の性能も低下します)。
 そこで劣化した古いグリスを洗い流し、新しいグリスを塗り直すことで銃の性能をアップさせる整備方法について説明したいと思います。
2.まずは分解、そして洗浄
 それではグリスアップの方法について説明しますと、まずはメカボックスを分解して、汚れたパーツを洗浄することから始めます。
 汚れたグリスが残っていると、新しいグリスまで汚れてしまいますからね。金属パーツは脱脂洗浄剤で、プラスチックやゴムパーツはシリコンスプレーで、キレイに汚れを落としましょう。
 プラスチックやゴムに脱脂洗浄剤を使うと、中に含まれる溶剤で溶けてしまうので、脱脂洗浄剤は金属パーツにのみ使ってください。
 シリコンスプレーはプラスチックやゴムを溶かさないので、こちらは金属以外に使いましょう。
3.パーツの洗浄方法
 パーツの洗い方は、まず汚れたグリスをティッシュで拭き取り、次に金属パーツは脱脂洗浄剤を、それ以外のパーツはシリコンスプレーを大量に吹いて、しつこいグリスを溶かします。
 溶けたグリスはティッシュで拭き取り、キレイになるまでこの作業を繰り返します。
 ノズル内部のような細長い穴は爪楊枝にティッシュを巻き付けて拭いたり、ギヤの歯車はティッシュでくるんだ上から凹凸を爪楊枝でほじくると、簡単に溶けたグリスが取れます。
 メカボックスのケースやシリンダーも、忘れず洗浄してください。あとノズルやノズルガイド・軸受けも、忘れやすいので注意しましょう。
TOP > MAINTENANCE > グリスアップ1/4ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number