電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
シムサイズ ギアのみを組み込み 軸が動くかどうか確認
1.シム調整について
 工場出荷状態のメカボックスは、ギアの上下に遊び(隙間)があり、上下に揺れ動きます。この動きがギアの噛み合わせを不安定にし、ノイズの元となります。そこで「シム」と呼ばれる薄いリングでこの隙間を埋め、ノイズの低減を図る作業がシム調整となります。
 シム調整には、調整用のシムが別途必要ですが、電動ガン用のシムは内径サイズが3mmと大きく、2.5mmのシムを使う電動ハンドガンやコンパクトマシンガンには使えません。
 そこでラジコン用の2.5mmシム(上写真右側)を購入して、シム調整を行います。
2.ギアと軸受け・シムだけに
 それでは実際の作業ですが、まずはメカボックスから余分なものをすべて外し、軸受け・ギア・最初から付いているシムだけを残します。
 上写真のようになったらメカボックスを閉め、ネジをしっかり締めて開かないようにします。今回はコンパクトマシンガンのメカボックスを利用しますが、電動ハンドガンでも内容は同じなので、同じ手順で作業を行ってください。
 なお、この作業を行うときは、面倒でも必ずネジをしっかり締めてメカボックスを閉じてください。決してネジを緩めたり、ネジ以外(ビニールテープで巻くなど)でメカボックスを仮閉めしないようにしてください。
3.ギアの軸が動くか確認
 メカボックスを閉めたら、まずはギアの回転を調べます。メカボックスの隙間から見えるセクターギアを、指や棒で回してください。軽く回るはずです。この時のギアの回転する軽さを覚えておいてください。シム調整を終えた時、同じ軽さでギアが回転しないといけないからです。
 次にギアの軸(軸受けの中心)が動くかどうか確認します。爪楊枝か細い金属棒で軸を押し、動かなければ反対側からも押します。軸が動けば、そのギアには遊びがあるので、シムを入れる必要があります。また軸受け(白いプラスチック部分)を押してみてください。軸受けが動く場合にも、シムを入れる必要があります(メカボックスの裏表から交互に押してください)。
TOP > MAINTENANCE > シム調整1/3ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number