電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
電拳 電動ハンドガンのスイッチ 電拳 スイッチに接点グリスを塗る 電拳 モーターにSBDを取り付ける
1.スイッチの摩耗と炭化予防対策
 電動ガンはトリガーを引くことで、スイッチのOn/Offを切り替え射撃を制御しています。
 ところがスイッチのOnとOffを何度も繰り返し行うと、スイッチ端子が徐々に摩耗・炭化して電気の流れが悪くなり、最悪の場合は電気が流れなく(弾が出なく)なってしまいます。
 そこで今回は、スイッチの摩耗や炭化を防ぐための予防対策と、焼損したスイッチへの対処法について説明したいと思います。
2.接点グリスによる摩耗予防
 まず最初に行いたい予防対策は、接点グリスの塗布です。
 接点グリスとは、金属面の潤滑とリーク防止・防水・防錆に効果のある特殊グリスです。これをスイッチ表面の金属端子に厚めに塗ることで、摩耗や炭化を遅らせることが出来るようになります(通電効果を高める製品もあります)。
 ただ、接点グリスは定期的な塗り直しが必要な上、正直効果もそれほど高くはありません。このため、SBDとの併用が望ましいです。
3.SBDによる摩耗・炭化予防
 接点グリスと併用すると、高い摩耗・炭化予防効果を発揮してくれるのが、SBDです。
 SBDとは、逆起電流によるスイッチへの負担を軽減する電子部品で、モーター端子にハンダで取り付けて使用します。
 ハンダこてを持っていない人は新規で購入してでも、もしハンダの使用に自信がなければガンショップに依頼してでも、SBDは取り付ける価値があります(取付依頼は千円くらい)。
 スイッチの摩耗予防には、ぜひSBD搭載を。
TOP > MAINTENANCE > スイッチの摩耗と炭化予防対策 1/4ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number