電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング 東京マルイへのリンク
コン電Mod.Mの分解・組み立て、分解開始 コン電Mod.Mの分解・組み立て、ロックピンの取り外し コン電Mod.Mの分解・組み立て、ハンドガードの取り外し
1.コンパクトマシンガン・Mod.Mの分解
 電拳では、皆さんが愛銃の整備・カスタムを出来るよう、各コンパクトマシンガンの分解・組み立て方法について説明を行っています。
 今回紹介するのは、電動コンパクトマシンガン ・スコーピオンMod.Mの分解方法についてです。電動ガンの分解が初めての人でも分かりやすいように説明していますので、整備やカスタムを自分でやってみたいという人は、ぜひ参考にしていただけたらと思います。
 なお、この分解方法の説明のみ、上部の写真をクリックしていただくと拡大表示されるようになっています。写真が小さくて説明が分かり難いときは、拡大表示をご利用ください。
2.ロックピンの取り外し
 電動コンパクトマシンガンは、いずれもバレルやメカボックスの取り出しがすぐに出来るようになっていて、分解作業はとても簡単です。
 とはいえ、細かなパーツの組み込みにはちょっとしたコツなども必要なので、分解するときは組み立てるときのことも考えて、よく構造を理解しながら分解作業を進めていきましょう。
 それではまず分解作業の準備として、マガジン・バッテリーを取り外しストックを展開します。
 次にハンドガードを取り外すため、印のロックピンを抜くのですが、そのためにはロアレシーバー下部にある脱落防止用のネジ(拡大写真印)を1.5mm六角レンチで外して下さい。
3.ハンドガードの取り外し
 ロアレシーバー下部のネジを外せば、ロックピンは奥に押し込むだけで取り外しできます。
 次にハンドガード上部でトップレールを固定しているネジ三本のうち、一番手前のネジ(拡大写真印)だけを2mm六角レンチで外します。
 あとはハンドガードを前方に引っ張るだけで、フレームから取り外すことが出来ます。ハイダーに干渉して引っかかることもあるので、先にハイダーを取り外しておいても良いでしょう。
 ロックピンを取り外す際は、トリガー側にある小さなネジを誤って外さないよう注意して下さい。このネジを回してしまうと、モーター位置調整を行わなければいけませんので。
TOP > DISMANTLING > 電動コンパクトマシンガン スコーピオン Mod.Mの分解 1/5ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number