電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング
電拳カスタム 電動ハンドガン用のFET・PicoSSR3とIRF3703 電拳カスタム 電動ハンドガンに搭載するPicoSSR3の配線図 電拳カスタム 電動ハンドガンにFTEを取り付ける際の配線注意
1.FETの取り付け
 電動ガンはスイッチのOn/Off(撃つ/止める)を繰り返すと、スイッチが焼けて摩耗・炭化し、電気の流れが悪くなります(適切な整備を行わないと、磨耗が進み撃てなくなります)。
 そこでスイッチを磨耗・炭化しない電子部品(FET)へと交換することで、メンテナンスフリーにする方法について紹介したいと思います。
 今回は内部の狭い電動ハンドガンに合わせ、超小型FETのPicoSSR3を使う方法と、パーツを自分で集めて組み立てる(自作)方法の二種類を紹介します。
2.PicoSSR3の搭載
 まずは作業の比較的簡単な、PicoSSR3の搭載から説明を行います。
 PicoSSR3を搭載するには、上図のように配線を新しく引き直し、ハンダで結線します。
 PicoSSR3の表側にはスイッチ用の細い信号線を(上図の青ライン)、裏側にはモーターとバッテリーに伸びる主配線を(上図の黒ライン)、それぞれハンダで取り付けします。
 信号用配線はPicoSSR3に付属していますが、主配線には通電効率の良いシリコン銀コード18G自作配線を別途用意してください。
3.配線の引き直し
 それでは実際の作業についてですが、まずは純正の配線を外して、新しい配線と交換します。このとき注意点が、二つあります。
 まずスイッチ端子に取り付ける赤配線は、モーターからスイッチに延びる線と、スイッチからバッテリーに延びる線を、同じスイッチ端子にハンダ付けしてください(上写真印)。
 次に、バッテリーコネクターは純正から新しい物に取り替えるため、配線は長めに伸ばしてください(上写真印)。長さが足りないと、バッテリーコネクターまで配線が届かなくなります。
TOP > CUSTOMIZE > 電拳カスタム・ハンドガン編 FETの取り付け 1/13ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number