電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング
電拳カスタム 電動ハンドガンにFET用の信号線を取り付ける 電拳カスタム 電動ハンドガンにFET用信号線を別方法で取り付ける 電拳カスタム 電動ハンドガンにFET用信号線をバイパス方法で取り付ける
4.スイッチへの信号線取り付け
 主配線の入れ替えが終わったら、次にスイッチに信号線の取り付けを行います。
 スイッチには赤(プラス)の主配線をすでに取り付けているので、反対側の空いてる端子に信号線をハンダ付けします。この信号線は微弱な電気しか流れないため、細い(PicoSSR3に付属している)配線を使用すればOKです。
 スイッチに信号線をハンダ付けしたら、赤の主配線と一緒にFETを搭載するバッテリースペースまで伸ばしてください。
5.もう一つの配線方法
 ここまで配線の入れ替えについて説明してきましたが、先ほど紹介した配線方法では赤配線のハンダ部分が膨らみすぎ、フレームに接触(漏電)する危険があります(上写真印)。
 機種によっては配線とフレームの隙間がより狭い場合もあるので、よりコンパクトに赤配線をスイッチ端子にハンダ付け出来るよう、別の結線(配線)方法についても説明しておきます。
6.バイパスをつなげる方法
 まず赤の主配線を、モーターからバッテリースペースまで一直線に引きます。その上で、スイッチに近い箇所で赤配線の皮膜を一部切り落とし、配線を露出させます(上写真印)。
 この露出した部分からスイッチ端子へ、細い配線を別途ハンダ付けします。最後に露出部分に熱収縮チューブを被せれば、作業は完了。
 先ほど紹介したスイッチ端子に赤主配線を直接ハンダ付けする方法と、こちらのバイパス方法、どちらでも好みの方法で結線して下さい。
TOP > CUSTOMIZE > 電拳カスタム・ハンドガン編 FETの取り付け 2/13ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number