電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング
電拳カスタム 電動ハンドガンのシリンダーを減径して初速をアップさせる 電拳カスタム 減径シリンダーによる初速アップの理論 電拳カスタム コン電用ピストンを電ハンに移植するためのピストンヘッド自作
1.減径シリンダーで初速アップ
 電動ハンドガンは耐久性が低いため、強化スプリングの使用に反対の人も多いと思います(銃が壊れたり、パーツ寿命が縮むため)。
 そこで今回は、「ノーマルスプリング」を使って初速を上げる方法として、コンパクトマシンガン用ピストンの移植と減径シリンダーを組み合わせたカスタムを紹介したいと思います。
 コン電用ピストンの移植は、シリンダー容量を増やすことで初速をアップさせるカスタムですが、減径シリンダーだと逆にシリンダー容量を減らすことになるのでは? と疑問に思う人もいることでしょう。そこで減径シリンダーの仕組みについて、まずは説明しましょう。
2.減径シリンダーのしくみ
 減径(径を細くする)シリンダーとは、シリンダー容量を減らすためではなく、力の分散を減らすためのカスタムになります。
 上図をご覧いただくと分かるように、シリンダーの直径を絞ることで、内圧をより高めることが出来ます(油圧ジャッキと同じ原理です)。
 このため圧縮空気量は減りますが、代わりに圧力が強まることで初速は高まる訳です。
 しかも今回は、コン電用ピストンを移植することで圧縮空気量を増やすため、減径による空気のロスを考えなくて済みます。
 弱いスプリングでも強い力を出せるようにする、それが今回のカスタムになります。
3.薄型ピストンヘッドの作成
 それでは、コンパクトマシンガンのピストンを移植する作業から始めましょう。
 ピストン移植については、第3回カスタムですでに説明していますので、詳しくはそちらをご覧ください(今回は簡単な説明に留めます)。
 まず、薄型ピストンヘッドを作成します。0.5mm厚のステンレス板から、直径17mmの円板を二枚切り抜き、裏面になる一枚は直径3mmの穴を、表面になる一枚にはテーパーをつけた4mmほどの穴を中心に開けます。
 表面には空気取り入れ口を六ヶ所に開け、それぞれの穴にはテーパーを付けましょう。
TOP > CUSTOMIZE > 電拳カスタム・ハンドガン編 減径シリンダー 1/5ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number