電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング
電拳カスタム 電動ハンドガンのトリガー改善・調整について 電拳カスタム 電動ハンドガンのトリガープルを軽くする 電拳カスタム 電動ハンドガンのトリガースプリングを自作する
1.トリガーの改善
 電動ハンドガンは、スイッチのOn/Offで弾を撃つ/止めるを制御しているため、トリガーを引いてもハンドガンらしい(実銃のような)フィーリングやアクションはまったくありません。
 またシューティングやサバゲで使うにしても、トリガーは単なるスイッチでしかなく、性能や使い勝手が工夫されている訳でもありません。
 そこで、よりハンドガンらしいトリガーフィーリングにするために、またより使い勝手を良くするために、電動ハンドガンのトリガーを調整・改善する方法について説明したいと思います。
2.トリガープルの軽重を調整
 まずは、トリガープルの軽重調整について。
 トリガーを軽くするには、トリガーに掛かるバネを上写真の矢印方向に曲げて下さい。これでテンションが緩くなり、トリガーが軽くなります。
 緩め過ぎるとトリガーが戻らなくなったり、グラグラするようになるので、その際はバネを反対に曲げてテンションを戻してください。トリガーを重くしたいときも、反対に曲げればOKです。
 ただしトリガーを軽くする際、バネを曲げるだけではトリガーの引き始めこそ軽くなりますが、引き続けるとすぐ重くなる欠点が残ります。
3.トリガースプリングの自作
 もしトリガープルを完全にフラットな軽さ(最後まで軽く引けるよう)にしたいなら、ピアノ線でトリガースプリング(バネ)を自作してください。
 今回0.9mmのピアノ線でバネを自作したところ、ほぼフラットな軽さとなりました。ステンレス針金でも自作しましたが、こちらは弾性が低すぎて焼入れしても使い物になりませんでした。
 トリガープルは、バネの素材や太さ・テンションの掛かり具合で変わるので、さまざまな素材を試してベストの重さ・軽さを見つけてください。
(以降、ピアノ線0.9mmを装着して説明します)
TOP > CUSTOMIZE > 電拳カスタム・ハンドガン編 トリガーの改善 1/10ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number