電動ハンドガン・コンパクトマシンガンの激安・格安ガンショップランキング
電拳カスタム 電動ハンドガンにカスタムスプリングを組み込むと、ギアの磨耗が早くなる 電拳カスタム 電動ハンドガンに強化スプリングを組み込む際は、スプリングのかさ上げ用スペーサーを組み込まない 電拳カスタム 電動ハンドガンにカスタムスプリングと短い01バレルを組み込む際は、加速シリンダーではなく振るシリンダーを使用する
4.パワースプリング使用時の注意
 威力の弱いパワースプリングなら、銃が壊れる心配はありませんが、それでもパーツの磨耗は驚くほど早くなるので注意して下さい。
 例えばセクターギアやノズルバーといった磨耗の早いパーツは、消耗品と考えて早め(1〜2万発くらいで)の交換が必要となります。
 またパワースプリングを組み込むと、組み込み直後で秒間二発、ヘタった状態でも一発は連射速度が下がることになります。
 ノーマルバッテリーでは秒間12〜14発と、連射速度が大きく下がるので、何らかの対策を行う方が良いでしょう。
5.強化スプリングではかさ上げしない
 ノーマルスプリングでは、かさ上げを行うことで下がった初速を元に戻せる(くらいの初速アップになる)と紹介しましたが、強化スプリングではかさ上げを行わないでください。
 理由は、二つ。まずは、かさ上げ用のスペーサーを入れると、スプリングが強くなりすぎて危険なため。銃が壊れる可能性もあります。
 もう一つは、ヘタりが早く進行するため。ただでさえヘタりやすいスプリングが、かさ上げを行うと余計にヘタりが早まってしまいます。
 もし強化スプリングをかさ上げする場合は、銃の初速がノーマルスプリングと変わらないくらい下がったときのみにして下さい。
6.組み合わせはフルシリンダー
 電動ハンドガンで短い01バレルを使用する際は、加速シリンダーを使用する方が初速は高くなると説明しましたが、強化スプリングを使う際にはフルシリンダーと組み合わせた方が初速は高くなるのでご注意ください。
 ノーマルスプリングではピストンスピードが遅いため、加速シリンダーが必要となりましたが、強化スプリングを使えばピストンスピードが簡単に上がるめ、空気容量の多いフルシリンダーの方が初速は高まるからです。
 短い01バレルは、ノーマルスプリングのときは加速シリンダー、強化スプリングのときはフルシリンダーと覚えておきましょう。
TOP > CUSTOMIZE > 電拳カスタム・ハンドガン編 コン電用のピストン移植 2/9ページ
TERMS OF USE (C) Copyright 2005 Dendoukenjukoubou All rights reserved. you are visitor number